学科・コース

建築学科

建築設備コース

Architecture

建築設備の設計・施工をトータルに行う、エンジニアをめざす。

建築物の電気・空調・衛生設備を設計から施行までトータルに学びます。
設備機器の設置について的確に判断し、設備図を作成する能力を修得。
さらに、現場やショールームの見学などをとおして、視野の広い建築設備エンジニアを目指します。

主なカリキュラム

  1. 01.給排水衛生設備演習

    給水・排水・給湯設備やスプリンクラーなどの消火設備の設計を学び、設備機器の大きさや配管の太さを検討し、給排水衛生設備図面の描き方を修得します。

  2. 02.空気調和設備演習

    冷暖房・換気設備などの設計に必要な知識を学び、設備機器の大きさやダクト・配管のサイズを検討し、空気調和設備図面の描き方を修得します。

  3. 03.電気設備演習 Ⅰ/Ⅱ

    照明やコンセントなど電気設備の基本知識を学び、電気設備計画や照度計算などを行います。また、第二種電気工事士の資格取得に必要な知識も修得します。

  4. 04.卒業制作

    空調・衛生設備演習で学んだ知識をもとに、各自がそれぞれの建築物の設備計画を行い、負荷計算などを考慮し、建築設備図面を作成する力を養います。

トップへ戻る

中央工学校

OPENCAMPUSオープンキャンパス