CCTO 中央工学校OSAKA

下へ
オープンキャンパスの詳細はこちら

学科説明

国際コミュニケーション科

日越通訳・翻訳科

ブリッジシステムエンジニア科

国際コミュニケーション科

大学や専門学校に合格することを目指します。
日本語能力試験(JLPT)の対策だけでなく、
志望理由書や面接などの対策も行います

国際コミュニケーション科
国際コミュニケーション科

国際コミュニケーション科
目指す進学先

本校国際系2学科(日越通訳・翻訳科、ブリッジシステムエンジニア科)への内部進学準備が可能です。
また、大学(文系)、短期大学、専門学校への合格も目指します。

進路
学びの特長
1
日越通訳・翻訳科、ブリッジシステムエンジニア科を目指す
日越通訳・翻訳科、ブリッジシステムエンジニア科ではN2相当の日本語レベルが求められます。内部進学を目指す学生のために、日本語レベルだけでなく、将来の就職も見据えた授業を行います。
2
弱点を強化できる
JLPT対策
N1・N2に合格するためには、各出題項目の弱点を克服することが必要です。合格に向けきめ細かい指導を行います。
※JLPT(日本語能力試験)は、日本国内および海外において、日本語を母語としない人を対象として日本語の能力を測定し、認定することを目的として行う試験
3
「わかりあう」ためのコミュニケーションを重視したアクティブ・ラーニング
学生生活だけでなく、日常生活においてもいかに自分の考えが伝えられるかは重要です。そのため、本科では日頃から学生同士の興味や社会事情について知り、考え、伝える取り組みを重視します。また、来日後培った日本語でのコミュニケーション能力をさらに伸ばすことを目指します。
国際コミュニケーション科
国際コミュニケーション科

日越通訳・翻訳科

日本流のビジネスマナーや実務、コミュニケーション能力を育成するとともに、両国の生活や商習慣、文化の違いについて理解を図り、希望する企業へと就職できるよう導きます。

日越通訳・翻訳科
日越通訳・翻訳科

日越通訳・翻訳科
目指す就職先

日本国内企業や外国人人材コーディネーター、現地日系企業での就職を目指します。

学びの特長
日越通訳・翻訳の技術を習得
ベトナム語でとても簡単な文章であっても、なかなか日本語で正しい文章に通訳・翻訳するのは難しいものです。まずは日常生活で使う言葉や会話を日本語からベトナム語、ベトナム語から日本語へ通訳・翻訳することからはじめます。専門用語なども通訳・翻訳できる技術の習得を目指します。
ビジネスマナー、パソコンスキル、キャリアアップ対策
日本で就職を目指す際に重要になってくるのが日本語でいかに仕事ができるかです。日本語レベルが高くても、それで実際に仕事ができるかどうかはまた別なのです。そのために、日本のビジネスマナーや日本語でのパソコン操作など就職に役立つ授業を行います。
就職後に求められるマネージメント力、コミュニケーション力を培う
目指す就職先に必要とされている外国人人材コーディネーターには高いマネージメント力が求められます。チームワークやコミュニケーション力を最大に発揮できるよう実践的に学びます。日本とベトナムの両方の文化が理解できる人材を育てる授業を行い、就職先での円滑な業務に貢献することを目標とします。
日越通訳・翻訳科
日越通訳・翻訳科

ブリッジシステムエンジニア科

建築、CAD、プログラミングについて学びます。
卒業後は、建築業、製造業、IT関連企業での就職を目指します。母国と日本の架け橋(Bridge)となる人材を育てます。

ブリッジシステムエンジニア科
ブリッジシステムエンジニア科

ブリッジシステムエンジニア科で目指す就職先

建築業全般やCADオペレーター、システムエンジニア、プログラマー、ITコミュケーターへの就職を目指します。

学びの特長
1
建築の基本を集中的に学ぶ
建築の専門学校である中央工学校OSAKAで、建築の構造や設備等、建築に関する不可欠な知識について学びます。建築設計製図演習の科目で図面の読み描きを身につけ、CADでコンピューターを使って設計図面を表現する技術を養います。
2
建築CADと機械CADの両方が学べる
CADの授業では建築の設計と機械の設計について学ぶことができます。建築や製造の現場で必要な製図の知識を確実に身につけることができます。幅広い職業分野で使われることの多いCADソフトをメインに学びます。
3
幅広い業種に対応するコンピュータープログラミング
システムエンジニアやプログラマーとして必要な知識と技術を学ぶことができます。ブリッジシステムエンジニア(ITのスキルだけでなく言語や文化など両国間のビジネス習慣を熟知し、間に立って円滑に業務を進められるよう指示できるSE)として活躍できる技術を身につけます。
ブリッジシステムエンジニア科
ブリッジシステムエンジニア科

学科説明

建築学科

住宅デザイン科

インテリアデザイン科

建築学科

幅広い建築全般の知識を、2年間で修得。
設計製図からCAD・CGの実技まで、
充実のカリキュラムで実践力を高めます。

建築学科
建築学科
学びの特長
1
将来の独立を視野に入れた教育
将来独立して設計事務所を開設できる人材育成をめざし、建築の基礎となる設計製図を徹底的に教育します。また、BIMによる3次元設計や建築設計コンペティションに挑戦することで、プレゼンテーションスキルを身につけ、自立心と自信を兼ね備えた人材を育成します。
2
クリエイションの奥深さを学ぶ
建築物をつくるということには、苦労や自然とのたたかいがつきものです。しかし、それを吹きとばすような楽しさがそこには秘められています。鉄筋コンクリート造の建築物の施工実習や現場見学などをとおして、モノづくりの楽しさや素晴らしさを学びます。
3
環境への配慮を意識
フィールドワークや課題をとおして、省エネルギー技術やサスティナブル建築(持続可能な建築物)といった自然環境に配慮した建築について学習します。最先端の建築の在り方や技術を学び「人と環境にやさしい建築」をつくる人材を育成します。
建築学科
建築学科

住宅デザイン科

戸建住宅、集合住宅の新築、リフォームまで
トータルに学べるカリキュラムを編成。
住空間のスペシャリストとして活躍できる人材を育てます。

住宅デザイン科
住宅デザイン科
学びの特長
1
新たなライフスタイルの提案
建築の分野でも住宅デザインほど、生活様式の変化に影響を受けるものはありません。様々な技術の進化や、時代のファッションに応じた心地よいライフスタイルを提案するための知識やセンスを養います。
2
ユニバーサルデザインの追求
高齢者やハンディキャップを持つ人々にも配慮したユニバーサルデザインは、住宅設計の重要なテーマです。福祉や医療に関する知識の習得に加え、福祉住環境整備を体感できるカリキュラムで学びます。
3
環境にやさしい住宅を考える
太陽光発電や蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅設備などをITによって管理するスマートハウスなど、地球環境を守る住宅設備について学びます。また、環境にやさしい住宅を提案できる能力を養います。
住宅デザイン科
住宅デザイン科

インテリアデザイン科

インテリアデザインに関する知識・技能を、建築の基礎知識をもとに幅広く学べ、希望分野の専門知識・センスを高密度なカリキュラムで修得します。

インテリアデザイン科
インテリアデザイン科
学びの特長
1
インテリアスタイリング能力を修得
インテリアを構成する家具や照明器具などについて、色や素材、カタチなどを学習し、それらを組み合わせて、最適な提案ができる能力と、住宅やショップなどを設計する力を修得します。
2
プロデュースのセンスを磨きます
プロデュースとは、人を惹きつけるための『仕掛け』をトータルで考えること。マーケティングやリサーチの手法を学び、ディスカッションを重ね、クリエイティブな提案力と人を魅了できる表現力を養います。
3
カラダとココロが喜ぶデザインを
インテリアには機能・サイズや色・素材・カタチの心理的な影響を考慮した、心に響くデザインが求められます。そのため、人間工学や心理学などからもアプローチし、心地よい空間をデザインする力を育成します。
インテリアデザイン科
インテリアデザイン科

オープンキャンパス

オープンキャンパスの1日の流れ

オープンキャンパスの1日の流れ

オープンキャンパスの1日の流れ詳細

オープンキャンパスの1日の流れ詳細

オープンキャンパスの日程

オープンキャンパスの日程

  • 7/11(土)
  • 7/26(日)
  • 8/5(水)
  • 8/19(水)
  • 9/12(土)
  • 9/26(土)
  • 10/3(土)
  • 10/24(土)
  • 11/14(土)

開催時間(全日程共通)

開催時間(全日程共通)

10:00-11:30
(受付9:30~)

学校概要

学校名 中央工学校OSAKA
所在地 大阪府豊中市寺内一丁目1-43(1号館)

google map

大阪府豊中市寺内一丁目3-11(2号館)

google map

google map

google map

メールアドレス kokusai@chuoko-osaka.ac.jp
電話番号 06-6866-0808
06-6866-1616(FAX)

アクセス

最寄駅からのルート

〒561-0872 大阪府豊中市寺内一丁目1-43

googlemap

最寄駅までのルート

最寄り駅・路線図

大阪メトロ御堂筋線(北大阪急行)「緑地公園」駅下車、西出口から徒歩3分