学校案内

キャンパス紹介

世界に誇る建築界の巨匠が設計した校舎で学ぶ。
建築設計、デザインへの意欲を刺激する最良の空間。

Facility

1号館

01

東京都庁舎の設計で知られる、
世界的な建築家、丹下健三氏による、
斬新なデザインの校舎。

国立屋内総合競技場など、国内外の主要建築物を設計し、世界的な建築家として知られる丹下健三氏が手がけたのが、本校の1号館です。1988年に竣工したこの校舎は、丹下氏による建築物として、大阪に現存する貴重な作品でもあります。メタリックでモダンな曲線を描くチタン材を使った丸屋根が大きな特徴で、斬新なデザインながら周囲の環境にみごとに調和し、巨匠の豊かな感性を体現しています。

Lounge

おしゃれな学生ラウンジで
美味しいひととき。

1号館1階に学生ラウンジがオープン!シンプル&ナチュラルな空間では美味しいランチやカフェを楽しめます。可動式家具やピクチャーレールが配された壁面を使って、作品展を開催することも可能。おしゃれな憩いのスペースは学生たちにも好評です。

2号館

02

大阪万博のパビリオンを手がけた、
沖種朗氏による設計。

1号館の斜め向かいにあるミラーガラスを多用したスタイリッシュな建築物が本校の2号館です。2号館は1970(昭和45)年に大阪で開催された日本万国博覧会のパビリオンの設計などで知られる沖種郎氏の設計により1993(平成5)年に完成。

緑地公園の緑が映り込むよう綿密に計算されたミラーガラスや、外観の特徴的な円柱部分にトイレを配するなど、随所にアイデアが盛り込まれた建築物で、建築というクリエイティブワークの自由さや面白さをそのまま体現している校舎といえます。

トップへ戻る

中央工学校

OPENCAMPUSオープンキャンパス