学科・コース

学びの特長

ミッション

「本当の即戦力を育てること」
「建築のおもしろさを教えること」

Point 01

転科システム

入学してからでも学科を変えることが可能

1 年次前期は全学科共通の基礎科目、後期から各学科ごとに専門的な学科科目を学びます。希望者は、1 年次後期から他学科に転科することが可能です。

※転科については審査があります。

Point 02

自分専用パソコン

授業に必要なパソコンは一人一台

「BIM」をはじめ、授業にはパソコンが必須。常に使うことで、パソコンスキルは上達します。そこで自分専用の高性能ノートパソコンが用意されています。在学中は故障した場合のメンテナンスにも対応。

仕様

Corei5-8250U(1.6GHz – 3.4GHz、コア数4)/ Windows 10 Professional 64bit / AMD Radeon Pro WX3100 (2GB) / 14インチワイド゙液晶 [1920×1080] / 8GB RAM / 512GB SSD / 約1.8kg 

パソコン進呈

Point 03

「職業実践専門課程」に認定

文部科学大臣が認定する「職業実践専門課程」

「職業実践専門課程」とは、企業などと学校が密接な連携を行い、最新の実務の知識や技術を身につけられるようカリキュラムを編成し、より実践的な職業教育に組織的に取り組んでいると認められる学科に対して、文部科学大臣が認定し奨励するものです。すべての専門学校・学科が認められるものではなく、厳格な審査を経て認定となります。

[ 職業実践専門課程認定学科 ]
建築学科/住宅デザイン科/インテリアデザイン科

「職業実践専門課程」に認定

Point 04

学内に一級建築士事務所

専門学校初。学内に一級建築士事務所を開設。

中央工学校OSAKA 学内に、専門学校では初めて、一級建築士事務所を併設しました。一級建築士事務所の実務と結びついた授業やクラブ活動を通して、建築物を作り出す喜びや楽しさを体験できます。

学内に一級建築士事務所

Point 05

プロとして必須の「伝える力」が身につく。

数多くの発表の場で「伝える力」を鍛える

人前で自分の考えや思いを伝える機会が数多く設けられ、プロとして大切なコミュニケーションスキル育成しています。
また設計技術だけではなく、見せ方やコンセプトの立て方の重要さを理解し、毎年学外コンペティションに多くの学生が参加。将来へのステップアップに生かしています。

数多くの発表の場で「伝える力」を鍛える

Point 06

建築の最先端技術「BIM」が学べる。

建築の最新技術を学び、しっかりと身につけることができます。

これからの建築業界で望まれる技術を習得することで、充分な活躍の場が広がります。

パソコン進呈

「BIM」って何?

建物の設計や構造計算だけではなく、建築部材の選定、施工計画、コストなども含めて総合的に管理するコンピューターシステムのこと。従来のCADが、主に三次元の形状情報のみを扱うものであったのに対し、建物に関するさまざまな情報をすべて一元的に管理することで、建設業務全体の効率化や、建築家・施工業者・施主の意思共有を図ることができます。

パソコン進呈

マンガでわかりやすく!
ebook「設計手法を変えるBIM」

「BIM」を動画で見てみよう!

トップへ戻る

中央工学校

OPENCAMPUSオープンキャンパス