学科・コース

学びの特長

中央工学校OSAKA 5つのこだわり

ミッションは
「本当の即戦力を育てること」
「建築のおもしろさを教えること」

KODAWARI 01

PCは一人一台

持ち運びが自由!
いつでもどこでも好きな場所で♪

一人ひとりに一台ずつパソコンを渡します。なぜって? それは単純にパソコンスキルが、社会に出た際に必要になるから。そのためには、少しでも在学中に慣れることが、現場で即戦力として活躍するための近道になるはず! と考えています。自分専用のパソコンだから、もちろん持ち運びは自由。学校でも自宅でもカフェでも…。好きな場所で使い放題だからこそ、確かなチカラが身につきます!

仕様

Corei5-8250U(1.6GHz – 3.4GHz、コア数4)/ Windows 10 Professional 64bit / AMD Radeon Pro WX3100 (2GB) / 14インチワイド゙液晶 [1920×1080] / 8GB RAM / 512GB SSD / 約1.8kg 

パソコン進呈

KODAWARI 02

デジタル教育

知識はもちろん使うことを意識したデジタル教育

建築業界においてもデジタル化の波は驚くほど速く進んでいることを受け、中央工学校OSAKAでは、自分の手で設計図を描くスキルだけでなく、パソコン上で設計ソフトを使うスキルやパース作成のスキルの養成に力を入れています。

「職業実践専門課程」に認定

KODAWARI 03

すべてのクラス少人数制

すべてのクラスを「40名」と人数を絞って、細かく指導ができるようにしています。また中央工学校OSAKAでは、授業によっては約半分の人数にしたり、複数人の先生で教えたりと習熟度を上げるための工夫が満載。しかも教えてくれるのは、建築の“今”を知る、現場経験豊富な先生なのです。

学内に一級建築士事務所

KODAWARI 04

転科システム

専門的な勉強をするうちに、希望が変わることもあるかもしれません。だからこそ、中央工学校OSAKAでは、1年次の後期に他学科に転科できる制度を採用しており、入学後も安心して学べる環境を整えています。転科するかどうかは別として、入学後に軌道修正できるのは見逃せません。

数多くの発表の場で「伝える力」を鍛える

KODAWARI 05

校舎が教材

学びやは世界的建築家の手によるもの!

「世界のタンゲ」として国内外にその名を轟かせる名建築家・丹下健三氏によるもの。メタリックでモダンな曲線を描くチタン材を使った斬新なデザインなど、周囲の環境と学習環境を考え抜かれた、巨匠の豊かな完成を体現しています。学生が施工を担当したフロアサインがあるなど、校舎を教材に実践的な学びを体感できる取り組みも絶賛進行中。

数多くの発表の場で「伝える力」を鍛える

建築の最先端技術「BIM」とは。

建築の最新技術を学び、しっかりと身につけることができます。

これからの建築業界で望まれる技術を習得することで、充分な活躍の場が広がります。

パソコン進呈

「BIM」って何?

建物の設計や構造計算だけではなく、建築部材の選定、施工計画、コストなども含めて総合的に管理するコンピューターシステムのこと。従来のCADが、主に三次元の形状情報のみを扱うものであったのに対し、建物に関するさまざまな情報をすべて一元的に管理することで、建設業務全体の効率化や、建築家・施工業者・施主の意思共有を図ることができます。

パソコン進呈

マンガでわかりやすく!
ebook「設計手法を変えるBIM」

「BIM」を動画で見てみよう!

トップへ戻る

中央工学校

OPENCAMPUSオープンキャンパス