専門実践教育訓練給付金制度
オープンキャンパス・学校説明会開催中!

ホーム > 

専門実践教育訓練給付金制度

専門実践教育訓練給付金制度
建築学科(夜間部)には中長期的なキャリアアップを支援する
専門的・実践的な教育として、厚生労働大臣に指定されています。
最大657,060円給(60%)付
対象者

初めて教育訓練給付金を受けようとする方

通算して2年以上の雇用保険の一般被保険者で、在職中または離職後1年以内の方。

過去に教育訓練給付金を受給したことがある方

前回の給付金受給をしていた講座の受講日開始から、入学年の4月1日までに10年以上経過している方。

給付金支給額

建築学科(夜間部)に要した費用の40%相当額が給付されます。
また、卒業後1年以内に二級建築士を取得し、雇用保険に加入している事務所に就職・在職していればさらに20%相当額が追加支給されます。
※支給対象:本校に納入した学費、教科書・教材費

建築学科(夜間部)に要する費用

  入学金 学費 合計
授業料 施設費 実習費 教科書・教材費
(2015年度参考)
1年次 1回目(入学手続時) 85,000 120,000 25,000 5,000 103,100 338,100
2回目(10月) - 120,000 25,000 - - 145,000
3回目(1月) - 120,000 25,000 - - 145,000
2年次 1回目(入学手続時) - 120,000 25,000 5,000 27,000 177,000
2回目(10月) - 120,000 25,000 - - 145,000
3回目(1月) - 120,000 25,000 - - 145,000
建築学科(夜間部)に要する合計費用 1,095,100
最大60%給付
申請

入学年の2月末までに、最寄りのハローワークにて申請手続きが必要です。

教育訓練施設名 中央工学校OSAKA
教育訓練施設講座名称 建築学科(夜間部)
指定番号 770821610015
お問い合わせ

最寄りのハローワークにお問い合わせください。

対象者チェック
受給対象者チェッカー
【受給対象者チェッカー】が動作しない方はこちら