数年先の未来のキミへ STORY センパイたちのストーリー

住宅デザイン科 2020年卒業

倉橋 杏さん

KURAHASHI Anzu

株式会社マルコーホーム 勤務

やりたいことに集中して取り組めた。

私の場合、大学よりも専門学校に進学することで、自分のやりたいことに集中して取り組むことができたと思っています。製図の授業では、二級建築士資格を取得するために効率的な練習を実施。パソコンの授業では、『Jw-cad』や『SketchUp』など様々なソフトを学ぶなど、実践的な知識・技術を習得することができました。そして何より、アイデアやコンセプトを具現化できるようになったことは一番の収穫。ただ単に頭の中でイメージするだけでなく、実際にCADで図面を起こしたり、建築模型を作成して立体感を確かめたりと、手や頭を働かせながら、そのイメージが現実的に建築可能かどうか設計図に落とし込む能力を身につけることができました。

多くの課題をクリアし、自信につながった。

今思い返せば、学生時代にたくさんの課題に取り組んだ時間は、本当に有意義だったと感じます。中でもプレゼンテーションの演習は、今にとても役立っています。人前に立ち、自分の作品の成果を発表することは緊張しますが、学生時代に繰り返し練習できたことで、苦手意識を克服。そして何より、建築に関する知識や技術、今までの学びに自信が持てるようになりました。学生時代に様々な課題に取り組み、クリアしていくことで、スキルや経験値の向上はもちろん、自信にもつながります。社会人になった時、きっと「自分にはできることが少しでも多くある」と自信が持てるはずです。その自信を糧に、社会人としていち早く自立できるよう頑張ってください。

トップへ戻る

中央工学校

OPENCAMPUSオープンキャンパス