数年先の未来のキミへ STORY センパイたちのストーリー

田中利典さん

インテリアデザイン科 2014年卒業

田中 利典さん

TANAKA Toshinori

株式会社Dept. 勤務

自分のやりたいスタイルを
見つけることができた。

 大手企業のように仕事を分業化せず、設計から施工、現場の監督まで自分がベッタリ取り組んでいます。時には現場で作業する職人さんに教えてもらいながら大工仕事をすることもあるくらい「自分の作品」としてこだわっています。このことが今の仕事の一番の魅力だと思います。
 子どもの頃からモノづくりが好きで、自然と建築関係への進路を考えるようになりましたが、やりたいのは建築なのか、内装・インテリアなのか随分と悩みもしました。実際、中央工学校O S A K Aに入学した時点では、建築学科に所属していたんです。学びだして、建築物という空間をつくるより、その空間を自分の考えたもので満たし完成することに興味が強くなり、半年でインテリアデザイン科に転科しました。

初仕事でとても喜んでもらえたのが今の原動力に。

田中利典さん

 入社1年目から仕事を受けて作業を始めていました。それも、中央工学校OSAKAの授業がとても実践的だったからこそ。今の仕事の内容に近い授業だったことで即戦力として仕事に関わることができました。
 現在の仕事内容は、多岐にわたりますが、大きく分けるとリォームの依頼が割合としては多いと思います。マンション以外にも、例えば長屋のの改装などの依頼があったりします。また、店舗の改装も数多くこなしています。初めて自分の仕事として担当させてもらったのは、マンションのリフォームでした。若いご夫婦からの依頼で、ご要望も明確にいただいたのですが、そのご要望に添いながらも自分なりのプランも提案させてもらいました。結果、できあがった部屋に満足いただき、とても喜んでもらえました。その笑顔や喜びようを思い出すたび、仕事を頑張ろうというエネルギーを今も与えてくれています。

WORKS

  • WORK1

    初仕事となったマンションのリフォーム。エレガントでシックな雰囲気を、という要望に応え、ドアなどインテリアも含めて工夫を凝らし、大変喜んでいただけました。

  • WORK2

    一戸建ての1階が美容室、2階が住居という依頼。2階のフローリングはヘリンボーンという組み方で施工するなど、随所にこだわりのあるものとなりました。

トップへ戻る

中央工学校

OPENCAMPUSオープンキャンパス