新着情報

ホーム > 

新着情報

2014年12月の記事一覧

二級建築士取得者

[ 2014年12月25日 ]
平成23年度 二級建築士に合格した研究科の学生にお話を聞きました。

西脇 大登さん
同志社大学を卒業後、中央工学校OSAKA建築学科に入学。
建築学科在籍中は2級建築施工監理技士や色彩検定2級などを取得。
その後研究科に進学し、在学中に二級建築士・木造建築士合格。建築士

Q.研究科進学をしようと思ったきっかけは?
A.学科試験は自信があったが、製図試験の自信がなかった。
  去年の二級建築士製図試験合格率が100%だったので、進学しようと
  思いました。

Q.二級建築士を受験しようと思ったきっかけは?
A.建築学科在学中に行ったインターンシップ先で、勉強する時間が無く、
  受験できないというお話を伺ったので、在学中に取得してから働こうと
  思いました。

Q.勉強はどれくらいしましたか?
A.放課後学校で3時間、休日は自宅で4時間程度していました。

Q.研究科の雰囲気はどうでしたか?
A.クラスの雰囲気は本当に良かった。
  チーム制を取り入れたのも良い方向へいった要因だと思う。

Q.研究科についてご感想があれば教えてください。
A.同じ目標に向い、みんなで頑張ることが出来る場を与えてもらえてよ
  かった。
  今までで一番の成功体験を得ることが出来ました!

二級建築士 製図試験

[ 2014年12月11日 ]
12月4日、二級建築士製図試験の合否発表が実施されました。

ドキドキで待ち望んでいた研究科の合格率は・・・

90.9%でした!(全国平均55.3%)

東京研修旅行

[ 2014年12月11日 ]
二級建築士の試験を無事に終えた研究科の学生が、4泊5日の東京研修旅行に行ってきました。
中央工学校OSAKA 研究科


建築物見学は全員で、または2グループに分かれて見学。全員で訪れた丹下健三の
東京カテドラルは興味深く見ていました。また合格祈願として、靖国神社参拝もしました。
中央工学校OSAKA 研究科


中央工学校OSAKA 研究科


食文化体験としては、月島もんじゃストリートや、築地市場の場外、
場内卸売市場にて、学生の企画で研修しました。

親睦会には、昨年一足先に卒業した同級生と合流し、大いに盛り上がりました。

毎年行っているこの研修では、本校の母体でもある東京校との交流も図りました。
中央工学校OSAKA 研究科