新着情報

ホーム > 

新着情報

2010年02月の記事一覧

Jacket Design Competition 2009

[ 2010年02月15日 ]
中央工学校OSAKAを今年度卒業する皆さんに、校友会(中央工学校OSAKAの同窓会組織)から贈呈される卒業アルバムの、CDジャケット・CDレーベルのデザイン『自分が思う中央工学校OSAKAはこんなイメージ』をテーマに募集行いました。

応募作品はどれも個性溢れる力作が多く、審査委員の票が分かれましたが、見事建築学科2年 山口 遥さんが本校教員の似顔絵をデザインした「中央工学校OSAKAの妖精たち」が優秀賞に選ばれました。
また、インテリアデザイン科2年 濱崎 由香さん、空間CGデザイン科2年 城 裕平くんが2位、3位に入賞しました。

中央工学校OSAKAに居る妖精たち


<講評>
・誰もが学校の思い出を思い起こせる作品
・見ただけで笑みがこぼれ大変心に残る作品
・時間が経っても一瞬で学生時代に戻れる感じがする作品
・これまでのジャケットコンペの中でも最高の作品

3年生 インターンシップ

[ 2010年02月15日 ]
建築工学システム学科3年生が後期授業の一部をインターンシップにあて、それぞれの学生が各企業で実習体験をしました。
実習では観察力を養うためのデッサンの練習を始め、実際のクライアントのプランニングや模型制作、材木市場や地質調査、改修の為の見積もり算出の現場など、様々な現場の見学にも行き、また、木造住宅の耐震構造の勉強会や、建築士会のイベントにも参加し、小学生とのお菓子の家作りを体験しました。

授業では体験できない『職人技』や、子ども達の意見を取り入れながら補佐をし、お菓子の家をデコレーションする楽しさだけではない「建築的な考え方」を含んだ貴重な体験となりました。

木材の加工


お菓子の家


お菓子の家

平成21年度卒業制作発表会

[ 2010年02月12日 ]
本校では平成19年度より学生のプレゼンテーション能力と制作意欲の向上を図るため、学生生活の集大成となる卒業制作発表会を実施しており、今年も2月10日に開催されました。

前日まで作業を行っていた学生には疲労も伺えましたが、見ているこちらにまで伝わる緊張感でした。
模型やプロジェクター、作品ボードなど色々なカタチで思い思いの作品を発表しましたが、思い通りに伝えきれなかったと悔やんでいたりアクシデントにみまわれたりと、様々な思いで発表を終えました。

卒業後はこの経験を活かし、大いに頑張ってもらいたいです。

卒業制作発表会


卒業制作発表会