新着情報

ホーム > 

新着情報

2009年10月の記事一覧

「素材」を感じる空間設計コンテスト

[ 2009年10月29日 ]
第2回目を迎えるこの設計コンテストは、主催「特定非営利法人再生職人機構・中央工学校OSAKA」で実施され、昨年は「ウェルネスマンション部門」と「店舗デザイン部門」で実施されましたが、今年は「ワンルームマンション設計部門」と「仮説ブース提案部門」で応募を募りました。

審査委員長(中央工学校OSAKA校長)中野吉晟をはじめ、NPO法人再生職人機構からは、辰巳副理事長、南理事、堀本氏と事務局より横島氏、他4名の審査員のもと厳正なる審査が行なわれ、各部門最優秀賞1名、優秀賞1名、審査委員特別賞1名、計6名の受賞者が決定しました。

真剣に作品を選ぶ審査員




また、25日(日)に開催された「緑地祭」では表彰式と、プレゼンテーションが行われました。







今後は、本コンペを継続的に開催して行くとともに、規模を拡大して、国産無垢木材の普及と健康的な住空間を提案し、広く社会に貢献できるものへ発展させていきたいと考えています。

緑地祭

[ 2009年10月27日 ]
10月24日(土)・25日(日)の2日間に緑地祭を開催しました。
今年のテーマは『地球が笑う〜楽しさ第一・笑い・エコ〜』

毎年恒例の餅つきや、模擬店、仮装大会や突然出現する仮装行列、カラオケ大会、一般の方を含めてのライブ、ミス・ミスターコンテスト、24日の夕方にはエコキャンドルナイトも行われ、学生の手作りキャンドルに灯りをともすなど、2日間ではありましたがたくさんのイベントが行われ、大いに盛り上がることが出来ました。

















また、2日間を通し行われたチャリティーバザーにも多くの方に来ていただくことができました。
今年度の売り上げは\86,671、チャリティーバザー開催8年目にして100万円を突破し、ドイツ国際平和村に住む多くの子供たちに募金をすることができました。
物品を提供してくださった方を含め、ご協力いただきましてありがとうございました。

緑地祭のお知らせ

[ 2009年10月14日 ]
緑地祭ポスター


10月24日()・25日()に毎年恒例の緑地祭を開催します。今年のテーマは「地球が笑う 〜楽しさ第一・笑い・エコ〜」です。

学生が主体となって各種のイベントを企画・実行する緑地祭では、模擬店(たこ焼・アイス・タマせん等)やイベント(仮装大会・バンド・ビンゴ大会等)、学科の作品展示等を行います!
その他チャリティーバザーを行い、売上金は、『ドイツ国際平和村』に寄付します。

近隣のお子さんから、お年寄りまで、多くの方が毎年来てくださる緑地祭。皆様のご来校、ご参加をお待ちしております。

※チャリティーバザーに出品する物資を募集しています!ご提供いただける商品は、10月22日(木)までに緑地祭学生実行委員会へお持ちくださるか、ご送付ください。

【お問い合わせ】0120−08−1143(緑地祭学生実行委員会)
〒561−0872 大阪府豊中市寺内1丁目1−43 中央工学校OSAKA