新着情報

ホーム > 

新着情報

2008年10月の記事一覧

緑地祭

[ 2008年10月27日 ]
緑地祭

10月25日・26日に緑地祭を行いました。
餅つき大会や模擬店など、大いに盛り上がることができました。

チャリティーバザーには遠方の方からも物資を送っていただくなど、沢山の方々にご協力をいただき、また、多くの方に参加もしていただきまして、ありがとうございました。

バザーでの売り上げ金69,554円と、その他募金やオークションなどを合わせまして、合計97,672円は例年通り『ドイツ国際平和村』に寄付いたします。

「Wellness」を感じる空間設計コンテスト審査結果

[ 2008年10月27日 ]
「Wellness」を感じる空間設計コンテスト審査結果

この設計コンテストは、主催「特定非営利法人再生職人機構・中央工学校OSAKA」、後援「吉野製材工業協同組合吉野材センター・LLC無垢材Plus」で実施され、今回第1回開催として、中央工学校OSAKA建築系学科の学生を対象として、「ウェルネスマンション部門」と店舗デザイン部門」で応募を募り、全体で46作品の応募がありました。
審査委員長(中央工学校OSAKA校長)中野吉晟をはじめ、副審査委員長(NPO法人再生職人機構理事長)西巻 優、他5名の審査員のもと、厳正なる審査が行なわれ、各部門、最優秀賞1名、優秀賞1名、審査委員特別賞1名、計6名の受賞者が決定しました。

「ウェルネスマンション部門」 最優秀賞(空間CGデザイン科1年 小西 明) 優秀賞(空間CGデザイン科1年 中村 和紀) 審査委員特別賞(EV建築学科1年 石塚 泰彦)
「店舗デザイン部門」 最優秀賞(EV建築学科2年 野崎 修平) 優秀賞(インテリアデザイン科2年 福山 翔子) 審査委員特別賞(空間CGデザイン科1年 折田 洋子)

今後は、本コンペを継続的に開催して行くとともに、規模を拡大して、国産無垢木材の普及と健康的な住空間を提案し、広く社会に貢献できるものへ発展させていきたいと考えています。

建築施工実習

[ 2008年10月11日 ]
建築施工実習

建築学科1年生が、富士の麓にある富士教育訓練センター(静岡県富士宮市)で、建築施工実習に参加してきました。
実習期間は10月6日(月)〜10日(金)の5日間でしたが、施工現場の安全管理実習から始まり、仮設足場の組立て・鉄筋ガス圧接・土間鉄筋の配筋などを実際に手掛け、今まで机上でしか見たことの無かった建設現場の実態を、身をもって体験することができました。
また、富士周辺の施設見学として、富士山レーダドーム館・御師住宅・旧武藤家住宅・旧宮下家住宅などの建築物の見学に加え、忍野八海・本栖湖・富士山五合目などにも足をのばし、富士山の自然を満喫することができました。